農園だより / Letter from Tanaka farm

田中農園便り Vol.71

17.12.10

~寒さが厳しい日が続いています~

 11月下旬から急激に寒さが厳しくなり、朝の気温が氷点下2桁になることも多いです。今年は例年より寒くなるのが早い気がします。

 ハウスの片付けも終わり、後は田んぼの堆肥撒きなど来年に向けた準備をして今年の農作業は終了します。

今年は息子の裕一郎と一緒に仕事をしたので身体的にいつもより楽でしたし、時々手伝ってくれる孫と時間を過ごすのも楽しいものでした。ただただ感謝です。

 今年もあと20日程度ですので、引き続き身体に気を付けて家族みんなで楽しいお正月を過ごせるよう頑張っていきたいと思います。

〔義光〕

田中農園便り Vol.70

17.11.06

~紅葉の秋、色鮮やかに染まる山々~

 稲刈りも無事終わり、ピーマンも今年の収穫を終了しました。今年はお米も野菜も品質がとても良く、農協に卸しているピーマンの価格も良いものでした。少し、ホッとしております。

 今年の秋は雨の日が多くてハウスの後片付けが遅れております。そして、いつもこの時期に行っている松茸狩りも大不良で行けずじまいです…。今年もあと残り2か月を切りました。また来年に向けて準備を進めて行きたいと思います。

 さて、11月1日より生糀(なまこうじ)の販売を開始しました。生糀は今年の2月から販売開始しましたが、有難いことにメディアにも取り上げられ売れ切れになることがありました。今シーズンは11月から販売しておりますので、早々に売れ切れになることはないと思います。ぜひ、この機会にご注文ください♪

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

〔義光〕

田中農園便り Vol.69

17.10.07

~今年も美味しいお米が収穫できました~

 台風シーズンの秋、北海道は本州に比べ台風の影響を受けにくいですが、昨年は本州に一度も上陸せずに北海道の日高エリアを直撃したこともあるので一番天候が気になる季節でもあります。9月は台風が北海道に来ましたが思っていたほどの影響は無く、無事に稲刈りを終えることができました。

 今年は新しいコンバインを導入、長男が一生懸命稲刈りをしてくれたおかげで例年よりも早く収穫が終わりました!10月のご注文分から新米にてお届けいたしますので、田中農園の新米をぜひご賞味ください。

 また、10月8日(日)より生糀のご注文を承ります(こちらの商品発送は11月上旬予定)。田中農園の新米”ななつぼし”で作られる生糀です!

 皆様からのたくさんのご注文、お待ちしております。

〔義光〕

田中農園便り Vol.68

17.09.09

~バードコートの野島さんが来園されました~

 全国的に雨続きだった8月、日高もスッキリしない天気が続いていましたが、後半は持ち直してくれました。おかげでピーマンも沢山実って忙しい日々が続いています。今年のお米の収穫量も例年並みになりそうで、後は昨年のような台風直撃がないことを祈るばかりです。

 さて、8月は東京ミシュランガイド1星を獲得している「バードコート」の野島さんと、そのお弟子さんの上甲さんが農園にいらっしゃいました。ピーマンやほおずきが実っているハウスを見学し、その後は家族みんなでバーベキューをして北海道の美味しいお酒を飲んでとても楽しい時間を過ごすことができました!素敵なご縁に本当に感謝でございます。

 これからもみんなが喜ぶような美味しい食材を提供できるよう精進していきたいと思います。

〔義光〕

 

田中農園便り Vol.67

17.08.08

~美味しい野菜がたくさん実ってます~

 7月は例年よりも暑い日が多い月でした。ハウスの作業は大変ですが、天候が良いと作物の生育も良くなるので美味しい夏野菜がどんどん実っています。お米の方も無事に花が咲いてくれたので収穫量は例年並みになると思います。この天候が続けば9月の上旬には稲刈りを開始できそうです。

 8月はメロンもスイカもたくさん収穫できます。まもなく販売開始しますので是非ご賞味ください!

〔義光〕

田中農園便り Vol.66

17.07.05

〜除草機を運転する息子〜

 穏やかな天気が続いた6月、稲もピーマンも順調に育っております。稲は7月以降、防除作業や畔の草刈りなどの作業があります。今年も美味しいお米になるよう作業をしていきたいと思います。ピーマンは今月中旬にはネット販売を開始できる予定です。今年も美味しく仕上がっていますので、たくさんのご注文お待ちしております。

〔義光〕

田中農園便り Vol.65

17.06.07

〜今年は3世代で田植え作業〜

 時々びっくりするくらい暑くなる5月、この時期になると少しずつ新緑が芽吹き、長かった冬が終わったと実感しますね。5月は田植えの季節。今年は息子と孫が田植え機に乗って作業をしました♪息子が幼かった時も田植え機に乗せて田植えしてましたが、今はその息子が田植え機を運転して孫が乗っている。それを見ると、なんだがほのぼのする幸せな気持ちになります(^-^)

 ピーマンの方も順調に育っており、6月の半ば頃から出荷できる予定です。今年も美味しい野菜をお届けしますので、あともう少しお待ちください。どうぞ、よろしくお願い致します。

〔義光〕

田中農園便り Vol.64

17.05.09

〜湿度と室温が高いハウスの中で育つ苗たち〜

 雪が融け、このところ日に日に暖かくなってきている北海道。日高エリアは今桜が満開でございます。4月はハウス内の作業が多かったですが、5月から外の作業が増えてきます。今年も予定通り5月20日に田植えを行う予定です。

 今年も良い天候に恵まれるようお天道様にお祈りしながら、日々の仕事を頑張っていきたいと思います。

〔義光〕

田中農園便り Vol.63

17.04.11

〜早朝のビニール掛け作業〜

 3月に入っても北海道は寒さが厳しく、3月の後半になっても地面のしばれが抜けませんでした。なので、外の農作業が少し遅れ気味でちょっと心配でしたが、4月に入り氷点下になる日も少なくなってきて本格的に農作業が始まりつつあります。

 今年は去年と違い長男の裕一郎がいることがとても頼もしいです!家族みんなで仕事をできることに感謝しながら、今年も美味しいお米と野菜づくりに励んでまいります♪

〔義光〕

御礼!生糀完売のご案内

17.03.25

〜HBCの”あぐり王国”で紹介されました~

 この度ご縁がありまして、3/25放送(北海道地区のみ)の”あぐり王国”にて生糀をご紹介していただきました!

放送後、多数のご注文いただき、今春の製造分の生糀はすべて完売いたしました。 たくさんのご注文とお問合せ、誠にありがとうございます! 生糀は農閑期のみの製造販売の為、次回の販売は今年の秋10月頃を予定しております。 尚、お米は通年販売しており、夏にはお野菜もネットで販売しておりますので、時々ホームページをご覧いただけたら幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します!

〔貴幸〕

田中農園便り Vol.62

17.03.05

〜ホームページを更新しました~

 北海道は相変わらず寒い日が続いており、うちの地域も雪がまだ積もっていますが、日中は暖かいなぁと感じることが多くなってきました。3月から農作業がスタートするので、このまま雪解けが進んでくれたら嬉しいです。

さて、3月1日に田中農園のホームページを一部更新しました。「つくっている人」のページに長男の裕一郎が載り、「一流料理人の声」のページに新たに「スタミナ苑」さんと「バードコート」さんを掲載しました。

是非、ご覧ください!

〔義光〕

田中農園便り Vol.61

17.02.06

~生糀(なまこうじ)の販売を始めました~

 寒さが一層厳しくなる1月、北海道内陸部ではマイナス30度まで気温が下がりました。また日本海側では大雪や吹雪にで荒れていたそうですが、日高は太平洋側ですので穏やかな日が続いていました。と言っても、気温はマイナス20度くらい下がった日もありましたが・・・。今年一年の天気も穏やかであってほしいですね。

 さて、2月6日より、田中農園のななつぼしで作られた「生糀(なまこうじ)」の販売をネットでも販売開始いたします。この商品は、日高町里平の食材を使った食品加工・調理を通じて地産地消を目指す「りびら食楽カモミールの会」が製造しております。どなたでも塩こうじや醤油こうじ、甘酒などが簡単に作れるオリジナルレシピ付いておりますよ♪是非、一味違う生糀をご賞味ください!

ご注文はこちらをクリック(ネットショップへ移ります)

(※この商品は農閑期のみ販売の期間限定商品です)

〔義光〕

田中農園便り Vol.60

17.01.09

~お正月の三が日は穏やかな天気でした~

 新年あけましておめでとうございます。昨年は天候不順で台風直撃など大変な時もありましたが、皆様のおかげで無事に年を越すことができました。ありがとうございます。今年のお正月は家族みんな揃って賑やかに過ごしました。こうやって家族が揃って過ごせることに幸せを感じます♪

 さて、この度田中農園は1月1日に法人化し「株式会社田中農園」になりました。また、昨年末に長男の裕一郎の一家が実家に戻って来まして、今年から新体制で農作業をすることになりました。父としては嬉しい限りです!

その他、妻静子が代表を務める「食楽カモミールの会」から田中農園のお米を使った「生糀(なまこうじ)」の販売も近日開始します。

 これからも皆様に美味しくて安心安全なお米とお野菜、食品をお届けできるよう励んでまいります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

〔義光〕