里平の人々は戦後、夢と希望を持って原始林を開拓しながら農業を始め、自分たちのふるさとを築いてきました。森の中の小さな集落で共に歩み、汗や涙を流してきた住民たちは、心あたたかく地元愛にあふれています。

里平紹介 / Presentation of Ribira village

場所

北海道沙流郡日高町字正和にある里平地区

気候
  • 夏の最高気温 約 33℃
  • 冬の最低気温 約-30℃
  • 年間差 約63℃
人口
  • 男性  31名
  • 女性  39名
  • 全22戸
誕生

昭和24年入植。里平の歴史はここから始まります。日本の様々な地方から入植してきたので、よそから来た人にも親切だと言われます。

自慢

戦前は御料牧場として、国の軍馬が飼育され、開拓直後は農耕馬と共に働き、現在は里平川向いの地区にサラブレッドが。何かと馬にご縁がある場所です。

広がり

学校と住民が一体となり地域を盛り上げてきました。
S50年 田んぼのスケートリンクづくり。
S53年 冒険公園づくり。
S54年 手作りいかだ川下り4時間半の冒険。
H4年 山村留学の構想を練りH9年に受け入れ。

放牧された馬や牛がのんびりと草を食んだり昼寝したり。牧歌的な風景が見られます。集落の人口よりも多く、我が物顔の様子も?

ここにはデパートもゲームセンターもありません。あるのは壮大な自然や動物だけ。山で木登り、川で釣り、畑でかくれんぼ、牧場だって子どもの遊び場です。みんなたくましく育ちます。

PICK UP

里平のよもやま話 / Heart-warming episodes of Ribira village

里平がどれほど豊かな自然に抱かれた集落なのか、エピソードを交えてご紹介しましょう。ちょっぴり不便に思うときもあるし、冬の厳しい北国ならではの苦労もあるけれど、だからこそ見られるとっておきの風景がここにはあります。

Episode

1. コンビニまで25キロ(新宿から川崎まで)

お菓子とビールが欲しいとき、コンビニまで25キロ(新宿から川崎まで)
夕飯に魚と醤油を買いたいとき、大型スーパーまで43キロ(新宿から横浜まで)
オシャレな洋服を買いたいとき、札幌まで140キロ(新宿から静岡県三島まで !!)

2. 結晶がきらめき、ライトが要らないほど明るい。

気温の低い夜に降った新雪は結晶のまま積もる。満月の日には、月明かりに照らされて結晶がきらめき、ライトが要らないほど明るい。

3. 電車じゃなくて汽車。

ここでは線路を走るのは電車じゃなくて汽車。電気じゃなくディーゼルで動く。来るのは2時間に1本。最大2両編成。

4. 住民みんな、ニックネームで呼び合う。

小学生でもどこに誰が住んで、どんな人かというのを知っている。住民みんなニックネームで呼び合う。

5. 全員参加で運動会を行う。

運動会は5月に開催。生徒だけで行うと一瞬で終わってしまうので里平の住民が全員参加で運動会を行う。

6. 小学校の全校生徒が5人

小学校の全校生徒が5人と非常に少ないので、新入生や卒業生がゼロの年も。

7. ダイヤモンドダストが見られる。

氷点下15℃を下回る冬の晴れた朝は、ダイヤモンドダストが見られる。凍った水蒸気が太陽光に反射した現象で、きらきらと光ってとってもきれい。

8. 夜空はプラネタリウムのよう。星が降ってきそう。

外灯がほとんどない山の中なので、晴れた日の夜空はプラネタリウムのよう。天の川まではっきりと見えて星が降ってきそう。

9. 自家製のスケートリンク。

自然を活かした授業が多い。春夏は山で山菜採り。冬は自家製のスケートリンクでスケート。

10. 人より牛の方が多い。

人口たった100人足らずの小さな集落で、人より牛の方が多い。

11. サバイバル能力が身につく。

ゲームセンターなど娯楽施設が無いので、山か川で遊ぶ。自然と触れ合いながら遊ぶので、サバイバル能力が身につく。

Episode